Sponsored Links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
中山記念歴史“2007”
中山記念の歴史

1936年秋に中山競馬場のハンデキャップの芝3200mの重賞競走、中山記念として創設され、秋と春の年2回施行された。秋の競走は出走条件が4歳(現3歳)以上、春の競走は5歳(現4歳)以上と決められていた。

中山記念は1938年の秋の競走から施行距離を芝3400mに変更、しかし1944年から1946年の3年間は太平洋戦争(戦時中)の影響により開催中止となった。

1947年のみ出走条件が5歳(現4歳)限定、しかし翌年から5歳(現4歳)以上に変更、また中山記念の施行距離は1951年まで春の競走は芝2600mで施行され、秋の競走は出走条件が4歳(現3歳)以上に変更、1950年まで芝3200mに変更され、1948年のみ芝3400mで施行された。また1951年は春の競走が芝2500mに変更、秋の第26回競走を最後に年2回施行制は廃止された。

年1回制になった1952年から1955年は施行距離を芝2400mに変更、1956年のみ中山競馬場の改築に伴い中山改築記念の副称が付けられた。1957年からは芝1800mに変更、現在も変わらずこの距離で施行されている。

中山記念は1958年からは出走条件が巡るめく変わり、同年は5歳(現4歳)以上、1959年から1960年は4歳(現3歳)以上、1961年から1962年は5歳(現4歳)以上、1963年は4歳(現3歳)以上、1964年から1966年は5歳(現4歳)以上、1967年は4歳(現3歳)以上、1968年に5歳(現4歳)以上で納まった。

中山記念は1972年からは負担重量が別定に変更、1984年からはグレード制施行によりGIIに格付け、2000年から混合競走に指定され外国産馬が出走可能になり、2005年から国際競走に指定された。

中山記念は伝統と格式を誇る重賞競走で、本競走から天皇賞(春)や安田記念、更には宝塚記念を目標とする有力馬が始動する場合があり、春の古馬GI戦線を占う重要な役目を担っている。また本競走から4月初頭に香港の沙田競馬場で施行されるクイーンエリザベス2世カップへ遠征する競走馬陣営も増えてきた。

中山記念の出走資格は、サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬(外国産馬含む)及び外国調教馬(5頭まで)。

中山記念の負担重量は別定で、4歳は56キロ、5歳以上は57キロ、牝馬は2キロ減を基本とし、更に日本調教馬は収得賞金額、4歳3,000万円・5歳4,000万円・6歳以上5,000万円以上を収得している競走馬に限り、超過収得金額5,000万円毎に1キロの負担が課せられる。外国調教馬は、4歳は56キロ、5歳以上は57キロ、牝馬は2キロ減を基本とし、GI優勝馬は2キロ、GII優勝馬は1キロの負担が課せられるよう定められている。ただし2歳時のグループ・グレード優勝は対象外。

中山記念の総額賞金は1億2,200万円で、1着賞金6,400万円、2着賞金2,600万円、3着賞金1,600万円、4着賞金960万円、5着賞金640万円と定められている。

参考文献 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)中山記念』
| keiba-data | 01:10 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:10 | - | - |

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links