Sponsored Links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
オーシャンステークス歴史“2007”
オーシャンステークスの歩み

オーシャンステークスは1996年に中山競馬場の4歳(現3歳)以上の
混合の別定の芝1800mのオープン特別競走、オーシャンステークス
して施行されたのが始まり。

しかし翌年には、施行時期を6月中旬から現在の3月初頭に移した事に
より出走資格を混合・指定の5歳(現4歳)以上に、負担重量をハンデ
キャップ、施行距離を芝1200mに変更を行った。

1999年は1600万下条件特別競走に格下げされたが、翌2000年には再び
オープン特別競走に格上げされたと同時に、負担重量を別定に変更、
2005年まで同条件で施行された。

2006年には短距離重賞路線の再整備に伴い、中山競馬場の4歳(旧5歳)
以上の国際・指定の芝1200mの重賞(GIII)競走に格上げ、3月下旬に
中京競馬場で行われる高松宮記念の関東圏の前哨戦の位置付けとなり、
関西圏の高松宮記念の前哨戦である阪急杯と対になる競走となった。
また2005年までに施行されていたクリスタルカップの廃止に伴い、
同競走のレーススポンサーであった産業経済新聞社が本競走にレース
スポンサーを移している。

オーシャンステークスの出走資格は、サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA
所属の競走馬(外国産馬含む)及び外国競走馬。

オーシャンステークスの負担重量は、グレード別定で56キロ、牝馬は
2キロ減を基本とし、2005年2月26日以降のGI(牝馬限定GIは除く)
優勝馬は3キロ、牝馬限定GI・GII(牝馬限定GIIは除く)優勝馬は2キロ、
牝馬限定GII・GIII(牝馬限定GIIIは除く)優勝馬は1キロの負担が課せ
られる。2005年2月26日以前のGI(牝馬限定GIは除く)優勝馬は2キロ、
牝馬限定GI・GII(牝馬限定GIIは除く)優勝馬は1キロの負担が課せ
られる。ただし2歳時のグレード・グループ優勝は対象外。

オーシャンステークスの総額賞金は7,730万円で、1着賞金4,100万円、
2着賞金1,600万円、3着賞金1,000万円、4着賞金620万円、5着賞金410
万円と定められている。

参考文献 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)オーシャンステークス
| keiba-data | 16:58 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:58 | - | - |

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links